IoTopia Task Force

The IoTopia Task Force is co-chaired by Sebastian Hans from Oracle and Russ Gyurek from Cisco. All GlobalPlatform members are eligible to participate in this group.

IoTopia タスクフォースの目標は、IoT のセキュリティ、ガイドライン、テストおよび認証に関するベストプラクティスのリファレンスを提供することにより、IoT の展開を加速することです。 これは、よりコネクトした世界でエンドユーザーや産業用製品が必要とする、既存および新規のセキュアサービスのビジネスおよび技術的な要件を定義し、評価することによって進められます。

これは、グローバルプラットフォームのIoTopi aフレームワークを維持および発展させるもので、IoT デバイスをすべての市場で、グローバルな要件に沿って安全に実装するための実践的な指針となります。 ビジョンは、4つの主要な柱にわたって GlobalPlatform テクノロジーを利用して、IoT デバイス管理を保護するためのオープンで標準化されたアプローチを作成することです。

  1. Secure-by-Design –GlobalPlatform で保護されたコンポーネントと TrustedPlatform Service(TPS)API を既存の Secure-by-Design 標準で使用する方法を定義します。
  2. デバイスの意図 – GlobalPlatform のMUD ファイルサービスは、IETF のフレームワークと Uniform Resource Identifier(URI)を活用して、デバイスの意図を説明し、デバイスメーカーが自社製品に関連する MUD ファイルライブラリを独自の場所で公開することを支援します。
  3. 自律的で拡張性のあるセキュアなオンボーディング – IoTopia は、Bootstrapping Remote Secure Key Infrastructure(BRSKI)などのオープンスタンダードに基づいて、ネットワーク管理を合理化するためのオープンな標準ベースのセキュアオンボーディングプロセスを提供します。
  4. デバイスライフサイクル管理 – ソフトウェア、ファームウェア、ハードウェアのパッチと更新、追跡、イベントのセキュアな保存、サポート/サービスの終了をカバーするガバナンスを提供します。

目的

IoTopia タスクフォースは次の目的で活動を行っています。

  • 設計によるセキュリティ保護、オンボーディング、デバイスインテント、ライフサイクル管理の標準と受け入れられているパラメータを活用し、IoT 関連のソリューションと仕様に関する高レベルの要件、ガイドライン、ホワイトペーパーを作成します。
  • エコシステム全体の IoT テクノロジーの理解を深めるために、社内外の教育会議やワークショップを開催します。
  • デバイスメーカーが GlobalPlatform のセキュアなコンポーネント技術を使用してコネクテッド IoT デバイスを構築・管理するための生来の設計図を作成します。
  • 政府機関(NIST/NCCoE、ENISA を含む)、業界コンソーシアム(CTA、CTIA、OCF、IETF、ISA など)、大学と協力して、IoTopia フレームワークと4つの柱の採用を実現します。

現在の優先課題

  • IoT 向けの GlobalPlatform セキュアコンポーネント技術を継続的に推進します。
  • GlobalPlatform テクノロジー、認証および仕様の使用を促進します。
  • GlobalPlatform の IoT イニシアチブをであるIoTopia、そして、IoT プラットフォームのセキュリティ評価基準(SESIP)の関連市場内で推進します。
  • IoTopia の設計によるセキュリティ保護パラメータの基盤を完成させ、主要な市場分野にわたる特定のエンドユーザーおよび産業のユースケースへ対応させます。
  • IoTopia フレームワークの展開をサポートするために、ホストされたソリューション(オープンソース、POC、リポジトリ)を提案します。
  • 市場全体でのデバイスの安全なオンボーディング展開に貢献します。
  • Car Connectivity Consortium、ETSI、GSMA、IoT Connectivity Alliance (ICA)、Industrial Internet Consortium (IIC)、NFC Forum、NIST、Open Mobile Alliance、oneM2M、Trusted Connectivity Alliance、Trusted Platform Consortium などの業界パートナーとのコラボレーションを促進します。
Related Content

Managing Security & Risk in the IoT

Trusted Labs の Evaluation Labs Manager である Nguyen Quang-Huy 氏が、IoT ハッキングの意味と、TEE 技術がこのリスク管理にどのように役立つかを説明しています。

Watch

VIDEO: How does SESIP provide a standardized methodology for IoT security implementation?

テクニカルディレクターの Gil Bernabeu 氏は、Brightsight の Carlos Serratos 氏および NXP のEveAtallah 氏とともに、コネクテッド製品が急速に拡大する IoT の世界が提示するコンプライアンス、セキュリティ、プライバシーおよび拡張性に関する特定課題に、確実に対応するための拡張的で標準化された方法論をどのように提供するかを探ります。

Watch Here

Combined strengths of oneM2M and GlobalPlatform to address IoT security

oneM2M セキュリティワーキンググループの会長である François Ennesser 氏と GlobalPlatform 技術責任者である Gil Bernabeu 氏が、IoT 展開においてセキュリティとユビキタスを組み合わせるために、両組織のノウハウと専門知識がどのように相互に補完するかを説明しています。

View
Chairs

Sebastian Hans

IoTopia Task Force Co-Chair

Oracle

Mr. Hans currently serves as Principal Member of Technical Staff at Oracle, previously Sun Microsystems Inc., where he is responsible for all smart card standardization activities with a strong focus on SIM and UICC technology. While at Sun Microsystems Inc, Mr. Hans has also headed up business development within the telecommunications market and has driven advanced pilot projects for the deployment of Java Card in the banking, insurance and mobile communication markets. Mr. Hans represents Sun Microsystems Inc. in ETSI SCP, 3GPP, OMA and is the Vice Chair of ETSI SCP TEC.

Mr. Hans serves as GlobalPlatform Board Director and Co-Chair of the IoT Task Force.

Chris Steck

Strategic Director – IoT

Cisco Systems

Chris Steck is Head of Standardization, IoT & Industries for Cisco, where he is responsible for the overall strategy for Cisco’s commercial and industrial IoT standards initiatives, which includes aligning Cisco’s IoT security standards strategy across multiple vertical (5GAA, 5G-ACIA, IIC, OPC, OPAF, OCF) and horizontal consortia (WFA, LoRaWAN, 3GPP, GSMA, oneM2M, OMA,Thread, IEC, IEEE, TCG and Charter of Trust).  Chris also serves on the board of the Open Connectivity Foundation where Cisco is leading Smart Commercial Building specification, and open source efforts to develop an application-agnostic common IoT app framework to drive the proliferation of IoT devices that are interoperable and secure on both managed and unmanaged networks.

Chris held a similar technology strategy role at Jasper, prior to their acquisition by Cisco, driving Jasper’s standards interests in LPWA networking, device provisioning/management, and IoT security. Prior to that, he drove standardization of voice enhancement software and hardware capabilities for Audience (now a part of Knowles), and held similar responsibilities at RealNetworks, driving standards and guiding research in digital media, while serving on the board of the International Multimedia Telecommunications Consortium as CTO.  Much further back he spent several years at Microsoft on Win95 through XP.

A veteran of several startups along the way, he’s also created mobile apps for managing family life, a WiFi phone switch, an operating system GUI for early smartphones, and computer telephony & speech recognition software.

Gonda Lamberink

Device Intent Sub-Task Force Leader

UL

Ms. Gonda Lamberink is the current Chair of GlobalPlatform’s Device Intent Working Group where she oversees the organization’s involvement in developing documentation for creation, management and certification of MUD files. The working group will also focus on creating MUD Proof of Concept implementations, industry outreach, and exploring liaisons with stakeholders and organizations to help drive MUD. Ms. Lamberink also works as Cybersecurity Senior Business Development Manager at UL (Underwriters Laboratories).

IoTopia タスクフォースへの参加に興味をお持ちですか?

GlobalPlatform
Hey There!

It seems you are using an outdated browser, unfortunately this means that our website will not render properly for you. Update your browser to view this website correctly.

GOOGLE CHROME
FIREFOX
MICROSOFT EDGE